不動産でテナントを探す

不動産の手続きでは出番が多い住民票

住民票は、私たちの生活では重要度が高いと思います。住民票には氏名や住所や本籍地や、住所変更の記録などが記載されているものです。この書類は、身分証明書として利用される機会などは非常に多いものです。ところで不動産の契約では、住民票の出番は非常に多いと思います。

私たちが家を購入する時には、登記という手続が必要になってきます。ある場所にある家の持ち主を証明するためには、登記の手続きは必要不可欠です。そして住民票は、登記の手続きをする際には必要な書類なのです。ですので手続きを行う時には、住民票を忘れないようにしておきたいものです。

登記だけではありません。住宅ローンもそうです。私たちが住宅を購入する際には、たいていはローンを利用するものです。その際には銀行などを利用する事が多いですが。銀行には、身分証明書を提示しなければなりません。私たちが銀行での普通預金の口座を持つためには、身分証明書を提示するものです。それと同じく、住宅ローンを利用する時にも身分証明書の提示が必要なのです。住宅ローンでは、住民票が身分証明書として有効な場合が多いものです。つまり私たちが持ち家の登記の手続きをする為に住民票が必要なものであり、住宅ローンを組む時にも住民票が必要になってくる訳です。ですので不動産と住民票は、非常に密接な関係があると言えます。

人気のこのネタ、ここをチェックしてください

Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.