不動産でテナントを探す

不動産を購入する際には、消費税は大きく影響します

不動産を購入する際には、消費税の影響は少なくありません。なぜならば、数千万円もするような人生で1番大きな買い物であるマイホームの購入の際には、数パーセントでも大きな金額になります。また、これに住宅ローンを利用する場合は、消費税相当額にも利息を支払うことになりますので、できるならば消費税が低い時に購入した方が良いのです。また、土地だけを購入する場合には、消費税は仲介手数料以外が必要ありませんが、建物を購入する場合には消費税が必要となります。消費税は10%まで増税される可能性が高いので、できるだけ早く購入をするべきなのです。

また、新築のタワーマンションなどを購入する場合などは、特に消費税に敏感になるべきです。なぜならば、少ない土地に建つ建物ですので、資産価値は建物の資産価値の割合大きいからです。建物の資産価値が高いと言う事は、消費税が課税される割合も高いと言う事です。そもそも、今は住宅を購入するのに適した時期です。住宅ローン金利は低く、住宅ローン減税も充実しています。また、インフレに向かう可能性の高い今の社会情勢の中では、将来的には住宅の価格の高騰も考えられます。一生に一度の大きな買い物ですので、できるだけ良いタイミングで不動産は購入するべきなのです。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.