不動産でテナントを探す

面積の増減のない不動産リフォームは届け出不要

不動産を所有するということは今ではなにかしら非常にやっかいな存在であります。なぜなら毎年税金は払わないとなりませんし、途中で床面積の増大などのリフォーム工事をやればこれまた届出をしないと違法建築物に住んでいる扱いされかねないからです。もちろん発覚すれば莫大な固定資産税の増加を招きます。また外観が新品なみの工事をすれば定期的に市の担当者がにらみを利かせて固定資産税のいくらかの増加を喰らいかねないかもしれません。

そんな行政に睨まれてばかりでかつ永久に税金を払わないとならないで家を持つこと自体がかつてに比べて魅力が減ってきている今日のやっかいな状況ではありますが、ただ1つ睨まれにくいリフォーム工事があります。それは面積の増減のない内装関係の不動産リフォーム工事であります。というのは面積の増減のないリフォーム工事は行政機関への届け出が不要なのであります。届け出が不要だということで手続きの手間を省くことができるのです。また内装関係の工事だということで勝手に上り込まれない限りは外部からは状況を把握することはできませんので余計な固定資産税の増加を招く可能性を大いに減らすことができるのです。そのため壁紙の張り替えとか設備を交換したりするとか家具を設置したりという工事は大いに堂々とやればいいわけです。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.