不動産でテナントを探す

中古不動産の購入と立て直しについて

中古不動産を購入し、上モノを壊し更地にしてそこに新しい建物を建てるという方がいますが、どうして上モノを壊してしまうのでしょうか。多くの人はやはり中古物件ではなくて新しい建物を立てて、綺麗な状態の建物に入居したいと考えるはずです。そのため、不動産購入をする時にはまず最初に更地の土地の購入を考えます。しかし、更地になっている土地はあまり数がなく、しかも価格が高い場合が多いです。しかし、上モノがある場合には価格が少し安めに設定してあることが多いのです。それはなぜかといいますと、上モノを壊すのに別途費用がかかるからです。しかし、上モノを壊す費用を出すことができるのならば、上モノが乗っている土地の方がより条件が良い場合も多いので、非常に良い土地を得ることができるのです。

また、上モノが乗っている土地の場合、水道やガスの引き込み工事が既に出来ていることがほとんどです。ですので、更地を購入した時に、水道やガスの引き込み工事を行う手間を省くこともできます。そのような理由から、予算に余裕があるという方で良い条件の土地を得たいのならば、土地として売っている物件だけを探すのではなくて、上モノが乗っている物件も探すのがオススメなのです。

人気のこのネタ、ここをチェックしてください

Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.