不動産でテナントを探す

不動産屋さんのおかげで理想の部屋を見つけました。

不動産と聞いて思い出すのは、私が数年前はじめて一人暮らしをするにあたり、実家から賃貸マンションへ引越をした時にお世話になった不動産屋さんの存在です。就職のタイミングでの一人暮らしだったため、当時はちょうど大学4回生。ゼミの卒業論文で大忙しの頃でした。とにかく家での調べ物や執筆作業に追われていた私にはあまり自由な時間はなく、部屋探しに使用できるのはわずか一日。たった一日で理想の物件が見つかるのだろうかという不安を抱えながら、不動産屋さんへかけこみました。

理想の部屋と言っても、こだわる条件は当然いくつもあります。立地はもちろん、家賃、間取り、駅からの時間、周囲の環境…。たった一日しか時間がないにも関わらず、私にはこだわりがありすぎました。そんな私の言い分をすべて理解し、いろいろなアドバイスをくれたのが、その不動産屋さんの担当の方でした。この駅周辺は物騒が悪い、はじめての一人暮らしだとこのような間取りの方が便利、女性にうれしい設備が入った物件がある、など不動産屋さんならではの視点から多くの助言をくださり、私がちょっとでも気に入った部屋があれば、すぐさま見にいこう!と言ってくれました。

実際、一日でまわった物件は計6部屋。その中でも最も気に入った部屋に住むことに決め、6年経った今でもあの時の不動産屋さんには感謝しています。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.