不動産でテナントを探す

無人の不動産が有り余ってくるので不用なら売却するべきです。

不動産は、これからの時代において都心では価値あるものかもしれないが、地方においては、高齢や過疎化が進むことで不動産が有り余ってきます。そして、息子や孫達は、地方から離れ都心に向かうことで更に地方では、無人の住宅などが増えてしまうこととなります。

特に子供の出産率が低い中で二組の両親が子供を一人しか出産しなければ、自然と人口が半分になってしまいます。そして、住み家に関しても、一人一軒の住宅を所有する可能性がでてくるし、遺産として不動産を貰っても、税金などで逆に負担となってしまいます。これからの不動産の有り方としては、所有したくない不動産までもが手に入る可能性もあり、その不動産のおかげで無駄な税金が取られる可能性もあります。そこで、もし、不用な不動産などがあるならば何時までも所有しないで、売却してしまうことが得策かもしれません。ただ、自分の実家を売却することは沢山の思い出がある事から踏ん切りは付き難いのですが、ある時に決断をして、売却先でまた有効利用して貰える事も、土地の有効利用になるはずです。土地は、無人で放置しておいても無駄なものです。使ってこそ意義のなるものですのでもし、負担となるような土地は、売却してしまうことが自分のためになります。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.