不動産でテナントを探す

マンション不動産価格が上がる要因

しばらく続いた不景気のせいでしょうか、良くも悪くもここ10年ほどの不動産価格はそう大きく変動していません。不動産価格に影響を与える要因はなにも景気だけではありませんが、一方で景気の変動が大きな要因であることに間違いはありません。そのため、ある程度一定の推移で経済が動いていたこの数年は不動産価格も一定だったのでしょう。しかし、不動産価格を表す不動産指数を見ていると、一つおもしろいことに気付きます。それはマンション価格の推移です。土地や戸建ての価格はある程度一定であることに対し、マンション価格だけはここ数年で上がっているのです。

この要因として考えられるのが、マンションが建つ立地でしょう。駅前や都心など、便益性の高い立地には戸建てよりも比較的マンションの方が多く建つ傾向にあります。マンション自体の不動産価格にはそれが建つ土地の価格も反映されていますので、当然よい立地に建てばそれだけマンション価格は上がります。また、昨今のマンション設備のハイテク化や多様化もマンション価格を吊り上げている要因かもしれません。タワーマンションに代表されるように、一昔のマンションと比べ、施設面での進化が著しいこともマンションに付加価値を付与しています。そして最後に、こういったマンションへの需要が高いことでしょう。不動産も基本的には需要があって成り立ちますので、けっきょくはマンションを支持する購買層が多くいることが価格上昇につながっているのだと思います。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.