不動産でテナントを探す

自分の得意分野から高める不動産価値

自主物件のに付加価値をつけることは賃貸経営を行うときに有利になります。そのとき、自分が全く詳しくない分野の付加価値を考えるよりは、自分が詳しい方面で足して行くと良いです。たとえば自分が音楽関係に詳しいのであれば、音楽好きの人が不動産物件にどういう設備があれば嬉しいのかがわかるはずです。音が漏れない設計や、音響効果が得られる壁、音楽好き同士がコミュニケーションを取ることができるスペースなど、色々な設備が考えられますね。他にも自分が植物が好きならば家庭菜園を行えるスペースをつくってみたり、壁に植物でインテリアをつくってみたり、興味のあることであれば色々と考えられると思います。

賃貸物件に関しては一棟丸ごと所持している場合にはこのような付加価値がつけやすいですが、分譲物件では少し難しいかもしれません。ただ、分譲物件でも最初からそういう設備がついている物件を購入することで入居者に紹介しやすくなりそうです。自分が詳しい事ということは物件価値を高めるために必要な説明も行いやすくなるということですから、十分活かせるようにしておきたいですね。付加価値をつけることは客付けを行うためにも便利ですし、趣味があう入居者に入ってもらうことも大家として嬉しいでしょう。

人気のこのネタ、ここをチェックしてください

Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.