不動産でテナントを探す

不動産のたいせつさ。

不動産とは、土地と上物。つもりは建物のことです。もちろん移動させるのは難しいことから、不動産といいます。とても高価なものですから、資産として扱われます。日本では土地と建物は別の資産として、扱われます。ですので、土地を譲渡されても、その上の建物までは譲り受けることはできません。ちなみに建物の中にあるもの、ふすまや畳などは、個別の財産の扱いになるようです。建物とは番う扱いにするという特約が無い限りは、建物と一緒に譲渡が行われるそうです。将来のためにも土地建物は大事に使い、子供たちに残せるようにしたいものです。

登記法では、建物とは屋根や壁があり土地に定着していおり、建物として用途できるものとしていますが、キャンピングカーやトレーラーハウスなどの車で牽引して移動するものは動産になります。他にも土地や建物以外にも、立木は動かせないので不動産の扱いになります。

近年、アスベストや土壌問題などがニュースなどで言われています。ですが、所有者にはアスベストの調査義務があるので、今から購入を考えている方は大丈夫でしょう。でも土壌問題に関しては、難しいかもしれません。すぐに目に見えるものではないですし、何十年後かに見えるようになったときには遅いかもしれません。そうなる前に、環境に気をつけて、その土地に合うように暮らすべきでしょう。商売をやるならば、なおさら環境に気を使わないといけません。今一度、環境問題にはしっかりと考えなくてはいけないですよね。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.