不動産でテナントを探す

ネットで中古不動産物件を探す時の注意点

現代は、不動産物件を購入する際、いきなり不動産店のドアを開くよりも先にネットで希望物件を予め検索してからという流れが一般的だと思います。新築物件でも、中古物件でも、または分譲購入ではなく、賃貸物件に関しても外観や間取りだけを見て希望を絞るのは危険です。

どの物件に関しても、所在地、外観、間取りが気に入ったとしても、周辺環境や、写真に写っていない部分というのにマイナス箇所が多いと思われます。特に、中古分譲物件のいろいろなサイト情報を見ていると、必ずと言っていいほど当てはまる事があります。それは掲載画像です。

ネットに掲載されている画像の種類をチェックしましょう。家の外観、部屋の中の写真、お庭や駐車場があればその写真の他に周辺環境の写真が載っている場合があります。近くのスーパーや小中学校や幼稚園、公園など。その周辺環境の写真と家の画像枚数を比べて周辺環境の写真が多い物件は注意が必要だと思われます。掲載可能な、または掲載しない方が良いと不動産の担当者が判断する材料が家にあるのではと思われます。現在はカメラの性能も、営業マンの撮影技術も上がっていて室内の良い写真が掲載されると思いますので、それよりスーパーや公園の写真が多い場合は家そのものにセールスポイントが無いのではと思われます。
Copyright (C)2017不動産でテナントを探す.All rights reserved.